ひよこ音楽教室 代表 てらしままさこ

 

全日本ピアノ指導者協会会員

元ヤマハピアノ・エレクトーン教室講師

 『ピアノランド』

ピアノランド勉強会

ピアノランドコンサート勉強会
コード勉強会 入門編 初級編 中級編
聴きとり術
こころの小箱
マスターコース 修了

 

ミュージック・マインド・ゲームズ unit1修了

 

ミュージックベル指導認定講師


 ずっと音楽がありました。

音楽には縁のない両親でしたが、小学1年生の時にヤマハオルガン教室に入会させてくれました。
住んでいた団地の集会所で開催されており、集会所には10台弱のオルガンが置かれていたと思います。
そのオルガンの中には、足踏みオルガンもあり、レッスンの中で、先生の「さあ、オルガンを弾きましょう」の声で、まるで、駆けっこのよーいドンのように、オルガンに向かって走ったことを覚えています。
足踏みでなく電気のオルガンをゲットするためです。
私は、スローでおっとりしているので、足踏みオルガン率が高かったです(笑)
その時の母のことを思い出します。
子どもに「あのオルガンをとりなさい」と指示するお母さんが多かった中で、何も言わず見守っていました。
その時は、「私の母は何も言ってくれない」と思ったような気がしますが、大人になって振り替えると、賢明な母だったと思い、感謝しています。

 ヤマハオルガン教室のテキストは、こちらでした。

導入期の永遠のベストセラー。「オルガン」というタイトルが当時を物語ります。

テキスト以外にレッスングッズの入った缶がありました。

缶のふたの裏に大譜表があり、小さなマグネットを使い、音符の勉強をしました。

娘たちがヤマハの幼児科に通った時も、同じマグネットがあり懐かしかったものです。


ヤマハオルガン教室を2年で終え、次は小学校で開催されていたカワイオルガン教室の上級科へ。

2年で修了。いよいよ、個人でピアノを習うことになりました。


住宅事情も経済的にも厳しかったですが、無理をして両親は私にピアノを買ってくれました。

今の私があるのも、両親のおかげです。


受験中の休みはありましたが、その後、高校3年の夏までレッスンを続けました。

ずっと続けていましたが、10代の頃はピアノの道へ進む気はなく、その頃なりの夢がありました。

大学受験の紆余曲折を経て、短大の英文科に進み、マンドリンクラブに入部。

アンサンブルの喜び、舞台での感激を知りました。


短大卒業後、会社勤めし、社会体験。いろいろ学びました。

同時に、エレクトーンを習い始め、演奏グレード、指導グレードを続けて取りました。

指導グレードを取る頃に、ピアノのレッスンも復活。


結婚と同時に、ヤマハエレクトーン教室の資格をとり、指導し始めました。

その後、ピアノのグレードもとり、ヤマハピアノ教室として、スタートしました。


音大には進みませんでしたが、こうして大人になるまで、それからもずっと音楽がありました。

大きな出会い①ピアノランド

 ヤマハピアノ・エレクトーン教室の講師研修ももちろんありましたが、音大を出ていない分を埋めていくような気持ちで、

指導のための本もたくさん読み、いろんな勉強をしました。

娘たちが小さい頃は、通信教育。

娘たちが小学校にあがってからはエレクトーンやピアノのレッスンも復活し、いろんなセミナーを受講しました。

ですが、いつも何かが足りない・・・不安を抱えていました。

2002年、近くの楽器店でのセミナーのチラシに目がとまりました。

「ピアノランド 二段階導入法セミナー」

ちょうど、プレピアノランド①~③巻の発刊記念セミナーでした。

ピアノランドという楽譜は知っていましたが、私には使いこなせないと思って使っていませんでした。

感動の3回シリーズのセミナー後、もっと深く学びたい人は勉強会に参加するよう勧められました。

とても勇気がいりましたが、「恥をかきましょう」というピアノランドの著者である樹原先生に背中を押され、参加を決意しました。

今、教えることを楽しく、ピアノを楽しく感じられるのは、この勉強会のおかげです。

先生のおっしゃる通り、恥をかきました。一方通行のセミナーとは違います。

熱心な仲間たちと共に悩み、共に成長し、勉強会後も長く深いお付き合いとなりました。

それは、ピアノだけでなく、生きていく力、財産となりました。

 

ピアノランド勉強会 

ピアノランドコンサート 

コード勉強会入門編

コード勉強会 初級編

コード勉強会 中級編

聴きとり術

こころの小箱      

マスターコース修了

 

ピアノランド女神山合宿参加


聴きとり術では、大きな成果を得ました。

私自身も作曲できるようになり、その喜びを、生徒たちに教え込まずに伝えることができて、何人かが作曲できました。

一人は、ピアノランドフェスティバルで自作曲を発表することができました。(動画参照)

作曲の具体的な効果については別に書きます。

大きな出会い②いくこ先生

  いくこ先生とは、2005年、ピアノの即興セミナーで、たまたま隣に座り、その日のうちに意気投合。

偶然同い年で、ほとんど同じ年頃の娘が二人。

私のピアノランドの話に耳を傾けてくださいました。

気さくで楽しいいくこ先生ですが、お付き合いしていくうちに、すごいレベルの先生だということがわかってきました。

演奏について悩んでいた頃「私にピアノを教えてほしい」と頼んだところ、快く引き受けてくださいました。

レッスンで言うべきことは言って、友達関係も損なわない、懐の深い、器の大きい方でした。

いろんな優秀な先生にピアノのレッスンを受けてきましたが、

ピアノが、こんなに楽しい、好きになるレッスンは初めてでした。

鍵盤に触れた指先から「好き」という気持ちが全身に広がり、

こんな風に、生徒に教えたいと強く思いました。

 

出会う前に受けていた手術。

再発。

大変だったはずなのに、ぎりぎりまでレッスンをしてくださいました。

最後のレッスンの日のことは一生忘れません。

まさに文字通り、命をふりしぼるように教えてくださいました。

2009年 永眠。

いくこ先生のピアノへの思いは、たくさんの生徒さんたちや私を含めピアノ講師仲間にも伝わり、生きています。

今、いくこ先生を慕う仲間でチェルニー会を開き、いくこ先生を偲びながら、勉強しています。


  お気軽にお問い合わせください